MENA

MENA(ミーナ)とは、中東と北アフリカを合わせた市場を指す造語。「Middle East(中東)」と「North Africa(北アフリカ)」の頭文字をあわせて「MENA」とされた。BRICsに続く有望な市場として注目されている。VISTA、NEXT11といった造語とともに、地域の市場性を説明するために用いられることが多い。

湾岸協力会議(GCC)に加盟しているアラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビアの6カ国を中心として、産油国中心に構成されている。

一般的にMENAに含まれているとされる国の一覧



アラブ首長国連邦
アルジェリア
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
エジプト
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア
チュニジア
西サハラ
バーレーン
パレスチナ
モロッコ
ヨルダン
リビア
レバノン

広く定義した場合に含まれることがある国の一覧



アゼルバイジャン
アルメニア
キプロス
グルジア
ジブチ
ソマリア
スーダン
トルコ
マルタ

MENAにどの国を含めるかという定義はあまりはっきりとしておらず、国際機関によってさまざまな使われかたをしている。