クラウドファンディングとは

クラウドファンディング(crowd funding)とは、不特定多数の人がインターネットのサイト経由で他の人々や組織に資金を提供する仕組みのことを指す。群衆という意味のクラウド(crowd)と、資金調達という意味のファンディング(funding)を組み合わせた造語である。ソーシャルファンディングとも呼ばれる。

クラウドファンディングには購入型、寄付型、投資型という3分類がある。

購入型クラウドファンディング

個人や組織によるプロジェクトのための資金を、それを応援した不特定多数の人が支援するという形で資金提供する。応援して資金の提供を受けた側は、プロジェクトによって作られた商品・サービスの提供など、金銭とは別の何らかの対価を持って資金提供者に報いる。


投資型クラウドファンディング

プロジェクトが成功した場合に、資金提供者は金銭的なリターンを得ることができる。日本国内においては投資型クラウドファンディングは2013年4月時点で見当たらない。

寄付型クラウドファンディング

社会的意義があるプロジェクトなどにおいて、寄付という形でなんの見返りも求めることなく資金を提供する人を集めるタイプ。NPOやNGOといった組織との相性がよい。


なお、いずれのタイプの場合も、通常達成金額がプロジェクトごとに定められており、その金額以上が集まった場合にのみそのプロジェクトが実際に実行されるという仕組みになっていることが多い。もし定めた金額以上が集まらなかった場合にはそのプロジェクトは中止となり、資金の提供は行われない。FacebookやTwitterといった各種ソーシャルメディアで資金提供者が情報を拡散するよう促すことで、より多くの人の目にとまるような仕組みとなっている。


主な投資対象


ゲーム、アニメ、映画、音楽、スポーツなど、趣味要素の強いプロジェクトで構成されているサイトが多い。ファンがプロジェクトに参加することで、見返りとして限定のグッズなどをもらえる仕組みである。
また、地域復興やNPO支援などの社会性の強い要素のあるサイトも多い。

クラウドファンディング事業者のビジネスモデル

規定の金額以上が集まったときにそのプロジェクトが成立したとみなし、ユーザーからお金を集めるが、そのうちの一定の割合を手数料として引いたうえで資金調達者に渡す仕組みであることが多い。

海外のクラウドファンディング事業者が数パーセントであることが多いのに対して、日本企業では10~20%程度と比較的料率が高く設定されている。

市場規模

massolutionによる世界各地の308サイトで調達された金額を元にした調査で、2012年には27億ドル、2013年には51億ドルになる見込み。

日本の主要クラウドファンディング 累計支援額 月次推移 (積み上げグラフ)によると、日本国内の市場規模(調達額ベース)は2013年8月時点では月間5億円強となっている。欧米と比べるとまだ規模は小さいが、順調に普及していっているといえる。


クラウドファンディングに関する法律や規制


2013年9月10日に金融庁で開催された金融審議会「新規・成長企業へのリスクマネーの供給のあり方等に関するワーキング・グループ」(第4回)で、クラウドファンディングによる資金調達の上限を1億円までと定め、個人からの投資額は50万円までとする方針で大筋合意している。金融庁は2014年に導入する方向で制度や法律を検討している。


クラウドファンディングサービスの一覧


クラウドクレジット
新興国投資型クラウドファンディングサービス。ペルーが対象。

READYFOR? (レディーフォー)


FAAVO(ファーボ)
各都道府県という切り口でプロジェクトを整理している。地方を応援するという主旨のサイト


CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
予約販売のプロジェクトが中心

GREEN GIRL
女性を主な対象としているサイト

MotionGallery(モーションギャラリー)

Makuake(マクアケ)
株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングによる運営。

COUNTDOWN(カウントダウン)


Cerevo DASH(セレボ ダッシュ)
モノづくりに特化したプラットフォーム

WESYM

ALLEZ! japan(アレ!ジャパン)
アスリートの支援に特化したサービス

Hands Upハンズアップ
ハンドクラフト、手作り製品専門のサービス

Anipipo
アニメーションの制作に特化

マイクロファイナンスとは

マイクロファイナンス(Microfinance)とは、通常の金融機関からの融資は利用することができない貧困者に向けて、小口で融資する金融の仕組みのこと。貧困層向け小口無担保融資と呼ばれることもある。

貧困層が無担保でローンを組めるようにすることで、その自立をサポートし、貧困層を減らすという社会的な意義のある事業として注目を集めている。

ムハマド・ユヌスが開始したバングラディッシュ発のグラミン銀行が開始したのが最初のマイクロファイナンスの仕組みとされている。ムハマド・ユヌスとグラミン銀行はその功績を認められ、ノーベル平和賞を受賞した。

社会的意義を掲げてはいるが、実際は貧困層の助けにはなっていないというランダム化比較試験による調査結果がNewsweek誌に掲載されるなど、その効果に懐疑的な意見もある。

マイクロファイナンスのサービス一覧


Grameen Bank
世界ではじめてマイクロファイナンスの仕組みをつくった金融機関

Kiva
個人間で融資のやり取りができるようにしているマイクロファイナンスサイト

MFI Connect
学生の支援に重点をおいている

HOPE International


United Prosperity

MIX Market

lendwithcare.org

MENAとは

MENA(ミーナ)とは、中東と北アフリカを合わせた市場を指す造語。「Middle East(中東)」と「North Africa(北アフリカ)」の頭文字をあわせて「MENA」とされた。BRICsに続く有望な市場として注目されている。VISTA、NEXT11といった造語とともに、地域の市場性を説明するために用いられることが多い。

湾岸協力会議(GCC)に加盟しているアラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビアの6カ国を中心として、産油国中心に構成されている。

一般的にMENAに含まれているとされる国の一覧


アラブ首長国連邦
アルジェリア
イエメン
イスラエル
イラク
イラン
エジプト
オマーン
カタール
クウェート
サウジアラビア
シリア
チュニジア
西サハラ
バーレーン
パレスチナ
モロッコ
ヨルダン
リビア
レバノン

広く定義した場合に含まれることがある国の一覧


アゼルバイジャン
アルメニア
キプロス
グルジア
ジブチ
ソマリア
スーダン
トルコ
マルタ

MENAにどの国を含めるかという定義はあまりはっきりとしておらず、国際機関によってさまざまな使われかたをしている。

私募ファンド(プライベートファンド)とは

私募ファンド(Fund Sold through Private Placement)は、少人数の投資家から資金を募って運用されるファンドのこと。一般的には資金を集める対象者と金融商品を販売する対象を限定することが特徴であり、対象者を限定しない公募ファンドと対をなすファンドの形態である。私募ファンドは、プライベートファンドと呼ばれることもある。通常、募集の対象者は、50人未満などの不特定少数の「少人数私募」となる。

私募債の発行方法である専門的な投資の知識を持った適格機関投資家を対象に発行される「プロ私募」によるファンドも、私募ファンドの一種である。一般的な傾向としては、ハイリスク・ハイリターンの運用を行なうファンドが多い。

少額投資非課税制度(日本版ISA)とは

少額投資非課税制度(日本版ISA アイエスエー)とは、少額で新規に投資した上場株式などの配当や譲渡益を非課税にするという制度のこと。NISA(ニーサ)と呼ばれていることが多い。
英国のIndividual Savings Account(ISA : 個人貯蓄口座)をもとにした制度であるため、日本版ISAと呼ばれている。日興アセットマネジメントのように「投資マル優」などの独自の呼び方をしている場合もある。

年額100万円分までの株式や投資信託への投資の配当や売却益が非課税となる。平成25年に、税率を20%から10%に軽減している証券優遇税制が終了することに伴って平成26年1月から導入される。

平成26年1月から3年間(28年12月まで)予定していた適用期間を、10年間(35年12月まで)に延長された。10年間に渡って最大500万円までの投資からの配当・分配金が非課税となる。毎年100万円までで、非課税投資枠を翌年へ繰り越すことはできない。

野村アセットマネジメントによる調査によると、初年度の利用者は500万人程度日本版ISAを利用すると予測されている。2010年の調査によると、イギリスでは対象者の50%が英国版ISAで口座を開設した。英国の2011年度末の残高は3909億ポンド(約57兆円)と成功している。

非課税口座を開設するには、開設する前年の10月1日から、開設する年の9月30日の間に金融機関経由で税務署へ申請し、「非課税適用確認書」の交付を受ける。

アウトライト・マネタリー・トランザクション(OMT)とは

アウトライト・マネタリー・トランザクション(OMT)とは、ECBがユーロ圏の重債務国の短期国債をほぼ無制限に引き受けるという仕組みのこと。

他の国の債務を引き受けることになりかねないドイツ連邦銀行が反対したが、2012年9月にECB理事会によって可決された。
OMTによって、ユーロ圏の重債務国は必要な資金を都度調達できることになった。スペインやイタリアの国債の利回りが暴騰して、資金の借入ができなくなることを防いだ。

対象となる国は正式に支援要請の手続きをしなくてはならない。そのため、支援を受けるには財政・構造改革に大幅な修正をすることが前提となる。

PIIGS諸国とは

EUの中でも債務状況が特に厳しい国々の頭文字をとった造語

ポルトガル(Portugal)
アイルランド (Ireland)
イタリア(Italy)
ギリシャ(Greece)
スペイン(Spain)

PIGS(英語で 豚 を意味する)にかけて、侮蔑の意味を込めて使われている。

ギリシャを中心とした財政破綻のリスクがたびたび話題になっており、一連の問題をPIIGS危機と呼ぶこともある。

ゴールデンクロスとは

ゴールデンクロスとは、移動平均線(Moving Averages 以下MAとする)を用いた分析の方法の1つ。

5日・25日・75日といった期間ごとの移動平均線を描き、長期MAを短期MAの値が超えた場合「ゴールデンクロス」と呼び、上昇トレンドの始まりを意味する。したがって、ゴールデンクロスでエントリーするのが値上がりのトレンドに乗れる買い方であるとされる。

投資対象によって移動平均線を書くための最適な日数が異なるため、個々に調整する必要がある。

初心者におススメのCFD投資商品とは

CFD投資には興味がある、でも今まで投資をしたことがないので知識がなくて不安、という方がいれば、株価指数CFDから入っていくことをお勧めします。

株価指数CFDというのは文字通り、株価指数を使って取引をする方法を言います。株価指数というのは、株式市場を全体的に見て、価格の平均値を出した数値のことを言います。よくニュースの最後の方で日経の平均株価やTOPIXの数値が発表されているかと思われます。これらがいわゆる株価指数というものとなります。

株価指数に投資をするということは、個別の銘柄を選ぶ必要はなくなります。ですから企業の情報などについて、細かく知っていなかったとしても別に投資をすることができるわけです。

株価指数というのは、主要な数百銘柄について投資をしているのと同じ意味合いがあります。ですからある意味分散投資をして、リスクマネジメントをしているということになるわけです。しかも個別の銘柄の場合には暴落をするリスクは否定できません。しかし平均株価ですから、大暴落を起こすリスクというのは個別の株と比較をすれば圧倒的に抑えることができます。

もし投資についての知識がないという人は、株価指数CFDから入っていくといいかもしれません。

CFD取引でのテクニカル分析とは

CFD取引をするときには、テクニカル分析も必ず押さえておきたいところです。テクニカル分析というのはチャートと呼ばれる図表から情報を取り出して、今後の展開を予測するという分析法のことを言います。

チャートにはいろいろな情報が記載されています。特定の商品の価格であったり、取引量、移動平均線といった情報がどんどん表示されていきます。

テクニカル分析をすることによって、だいたいの商品の価格変動のトレンドを知ることができます。そして最近のパターンを見て、どこら辺で価格の上昇もしくは下落が止まるのかといったことについて予測をしていくわけです。そのうえで、エントリーするタイミングをはかっていけば、CFDで利益をあげていくことができるわけです。

ちなみにテクニカル分析は、機関投資家やヘッジファンドといった、いわゆる投資のプロが行ってきた分析法です。しかし最近では個人投資家も積極的に、テクニカル分析を行うようになってきています。
というのも最近では、パソコンを使って取引をするのが当たり前になってきているからです。そのため画面にはチャートが常に出てきて、24時間いつでもチャートの情報をチェックすることができるようになっているのです。


Copyright © 2008-2011 証券投資用語辞典. All rights reserved.