IFRS

IFRSとは、国際財務報告基準とは会計基準の一種で国際会計基準審議会というところで設定されている。「国際財務報告基準」の略称。

IFRSは、国際会計基準、解釈指針委員会解釈指針書等、国際財務報告基準書、国際財務報告基準解釈指針委員会解釈指針といった4つの会計基準殻構成されている一種の会計基準のまとまりのことを言う。

ちなみに上にあげた会計基準のうち、前者の2つについては、2001年の4月に国際会計基準審議会が国際会計基準委員会より受け継がれた会計基準である。国際会計基準審議会はまた基準設定機関としても国際会計基準委員会からの引継ぎを行っている。後者の2つの会計基準については、国際会計基準審議会というところが設定をした会計基準となっている。

2005年には、EUが独自の会計基準を強制的に適用するようにEUにおいて上場している企業に対して求めている。そこで、EUで活動している海外に本拠を持つ上場企業の場合、IFRSの求める会計基準と齟齬が生じる恐れがある。この場合、IFRSが強制的に適用されることになる。このことを経済界では2009年問題といっている。上にあげた措置については、2009年以降より適用されることになるからだ。また中国でも、2007年より独自の会計基準を適用をしている。