ADR

ADR(American Depositary Rcceipts:米国預託証券)とは、米国で外国の会社の株式を売買しようとする場合に、銀行が預託機関となって株券を保管するとともに、これと引換えに発行している預託証券のこと。株券同様の流通性がある。

預託機関は通常、発行会社の存在する国に副預託機関(保管機関)を設置し、実際の株券保管にあたり、配当金の支払も行う。

日本では、1961年にはじめてソニーがADRを発行した。
その後ADRの発行企業はしだいに増加しており、かなりの数の企業が発行している。