金投資口座

金投資口座(金貯蓄口座)とは、金の先物価格が現物価格より高いことを利用し、金という価格変動商品を安全有利な確定利付商品に変えた貯蓄手段。

銀行は金投資口座、証券会社は金貯蓄口座という名称で販売している。金融機関が一定期間後の買取価格を決めて顧客に金の現物を販売するという仕組みである。
つまり、金融機関は先物で売り予約を行いながら金取引業者から現物で金を購入する一方、顧客にこの金を買戻し条件付きで販売する。

一定期間後、金融機関は約定の買取価格で顧客から金を買い戻し、その代金を顧客に支払う。金相場は現物より先物のほうが高いので、顧客に売買益が生じてこれが利息となる。
なお、顧客が購入した金は保護預りとなるため、金の現物を受け取ることはできない。代わりに金融機関は顧客に対して預かり証、または金投資口座の証書を発行する。

また、金の先物予約販売となるので、原則として中途解約はできない。