外国為替市場

外国為替市場(foreign exchange market)とは、外国為替取引が行われている市場のこと。狭義には、銀行・為替プローカー、中央銀行からなる銀行間市場(インターバンク市場)を指す。電話や通信機器を通じて取引が行われるため、市場といっても取引所があるわけではない。

現在では、世界の各地において外為市場が開設され、ニューヨーク、東京、ロンドン市場を中心として24時間市場が開かれている。なお為替相場が過熱して急激に変動したと判断されるときには、中央銀行が為替相場の安定をねらいとして外貨の売買(為替平衡操作)を実施することがある。