倹約のパラドックス

倹約のパラドックスとは、不況下における人々の行動に矛盾が生じることを説明した理論である。不況になった場合、少しでも資金を手元に残そうとして、倹約的な生活を是とする風潮が強くなる。しかしこの倹約という風潮があまりに強くなってしまうと、結果的には自分が貧しくなってしまうというパラドックスを抱えているのである。

倹約をすることによって人々は、できるだけ消費をしないように生活をするようになる。すると、それぞれの商品の売り上げも生活必需品を除いて下落傾向が強くなる。
売り上げが減るということは、会社は業績を伸ばすことができなくなる。ということは、会社は利益を減少させてしまうことになる。
利益が少なくなったということは、人件費もそれなりにカットをする必要が生じる。結果的には、会社で働く人々の給料が減ってしまう。

これは所帯の収入が少なくなることを意味する。つまり、倹約をすることによって、結果として逆に家庭の経済状況が悪化してしまうというパラドックスが生まれるわけである。
確かに不況下においては、あまり派手にお金を出費したくないという人々の心理状態は当然のことではある。しかし、あまり倹約の傾向が強くなってしまうと、かえって自分たちの経済状況を悪化させるという形でフィードバックされてしまうということになる。

消費を控えることによって収入が減ってしまうという似た意味を持つ言葉として、貯蓄のパラドックスがある。