eu指令

eu指令とは、「個人データの処理に係る個人の保護及びその自由な流通に関する欧州議会及びEU理事会指令」のことである。
1995年10月24日に「eu個人情報保護指令」として採択された。
欧州連合(eu=European Union)の加盟国が、各国の個人情報保護(プライバシー保護)に関わる法の共通化を目的としたものである。
加盟国以外においても同等な保護法が整備されていない場合において、個人情報の流通を規制した。
これは日本においても個人情報保護制定の整備を必要とする要因のひとつとなった。
また、米国においては同等の保護法が整備されていないため、2000年以降、「セーフハーバー原則」と呼ばれる協定を結び、取引を可能とした。