UTMA

未威年者への財産移転に関する統一州法(UTMA)とは、成年者が未成年者のために未成年者口座を開設することができ、口座内のあらゆる資産はその未成年者が所有することを定める米国の州法のこと。

成年者は自ら口座の財産管理人となるか、その役割を担う他の成年者を指名することができる。

UTMAは未成年者への贈与に関する統一州法(UGMA)に多くの点で類似しているが、UTMAでは現金および有価証券に加え、不動産、絵画、骨董品、特許権ならびにロイヤルティを含む資産を贈与することができる。

成年者は価値の上昇を見込んでいる資産をUTMA口座へ移転することができる。これにより、この口座でキャピタル・ゲイン・が発生しても、死亡時にその成年者が所有していた場合に課される可能性がある相続税の支払いを防ぐことができる。