Term

Term(期間)とは、長期債や中期債といった確定利付有価証券が販売された日から、その満期日(償還日)までの時間の長さのこと。

期間が終了するとき、発行体はしばしば最終利払いと一緒に、有価証券の額面価格を返済する。一般には、期間が長ければ長いほど、投資商品が生み出す利率は高くなる。これは、顧客の資金をより長い期間にわたって拘束するリスクを相殺するためである。

期間はまた、定期性預金と呼ばれる定期預金証書(CD)の寿命でもある。