Roth401k

Roth401k(ロス401k)とは、雇用主が提供する年金制度の口座に対する税引き後拠出のこと。かつ59歳6カ月に達しており、口座の開設から5年が経過していれば、所得を非課税で引き出すことができる。

Roth401kと従来型401kプランの、拠出限度額および分配金の要件は同じである。連邦議会が定めた年間限度額を追加拠出の上限とし、70歳6カ月になった翌年の4月1日までに最低分配額(MRD)の受給を開始しなければならない。まだ在職中であれば、MRDの受給を延期できる。

従来の401kプランとRoth401kの間で資産を移転することはできないが、それぞれの口座に年間拠出金を分割することはできる。退職時に、従来型401kプランを従来型IRAに振り替えられるのと同様に、Roth401kの資産をRoth個人退職勘定に振
り替えることができる。

Roth401kを含め、たいていの401kプランは自主運用型で、そのプランが提供する投資証券の中から特定のものを自分で選択することになる。