OPEC

OPEC(オペック: Organization of the Petroleum Exporting Countries)とは、イランやイラク、サウジアラビア、クウェート、ベネズエラといったいわゆる石油産出国によって構成されている石油についての今後の政策について協議をする場のことを言う。OPECは「石油輸出国機構」の略で、1960年に発足をしている。ちなみに本部はウィーンにある。

OPECが発足をした背景として、メジャーと呼ばれる国際石油資本の台頭にあった。OPECが発足する前の石油業界の現状としては、メジャーの完全な寡占市場と化していた。
そこで、石油産出国がメジャーに対抗し、対等な石油売買についての交渉ができるようにするためイラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラの5カ国によってOPECが発足した。

OPECは毎年3月と9月に会合が開かれる。そこで、今後の石油についての政策の方針を打ち出す。根本的な目的として、OPEC加盟各国の石油輸出における利益を確保するということにある。
また世界的な緊急事態が起こった場合には、緊急会合が実施されることもある。代表的なのは、中東紛争が起きた時の原油価格の大幅な値段引き上げである。当時世界的なパニックを引き起こした。日本も例外ではなく、オイルショックと呼ばれる石油化学商品の買い占めが勃発している。OPECはこのように、世界的に見てもそれなりの影響力を有している。

現加盟国は、イラク、イラン、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラ、カタール、リビア、アラブ首長国連邦、アルジェリア、ナイジェリア、アンゴラ、エクアドルの12カ国である。

加盟候補国として、ノルウェー、ボリビア、メキシコ、シリア、スーダン、ブラジルの6カ国がある。