OBV線法とは

OBV線法(OBV、On Balance Volume)とは株価が上昇した期間の出来高をプラス、株価の下降した期間の出来高をマイナスして日々の出来高を差引累積して、グラフ化したものがOBV線を基準にして投資タイミングを考える方法。この方法は、出来高は株価に先行する傾向を持つという考え方が基本となっている。

OBV線の上昇が継続しているときは株価が上昇して、OBV線が下降しているときは、いずれ株価は下降すると判定される。