MACD

MACD(Moving Average Convergence Divergence)とは、トレンド系のテクニカル分析指標の1つ。ジェラルド・アペル (Gerald Appel)によって1960年代に発表された。指数平滑移動平均(EMA)を使用して、短期と長期の2本の指数平滑移動平均線の差を算出したものである。マックディーと読まれる。

計算方法は

MACD = 短期(x日)の指数移動平均-長期(y日)の指数移動平均
MACDシグナル = MACDのz日の指数移動平均

x、y、z の組み合わせとしては、それぞれ12、26、9 が使われることが多い。

上記は日での計算式であるが、日でも分でも計算式は同じである。MACDシグナルとしては、単純移動平均が使われることもある。

MACDがMACDシグナルを上回っていれば上げトレンド、逆なら下げトレンドである。投資判断は、MACDがMACDシグナルを上抜いたら買い、下抜いたら売りである。また、MACDの絶対値が大きくなったときには買われすぎ、売られすぎを表すため、逆張りするべきタイミングを示すサインとなる。

指数平滑移動平均は、一定期間の平均値を算出する単純移動平均とは異なり、直近の値段に比重をかけて移動平均を算出するため、単純移動平均よりも株価の動きをより正確に反映する。