LLP

LLP(Limited Liability Partnership)とは、LLPは英国で導入されたもので、LLCと同様に出資者が有限責任を負う人的法人制度で税制面でも構成員課税が適用される。日本では、有限責任事業組合とも呼ばれる。

法律事務所、経営コンサルティングなどの専門職種に限らず、一般事業体への普及も進んでいる。

日本においても2005年4月27日に「有限責任事業組合契約に関する法律」(LLP法)が成立し、同年8月1日に施行されて日本版のLLPである有限責任事業組合の設立が可能となった。

日本でのLLPの特徴には以下のようなものがある。

1. 有限責任 出資者は出資額の範囲内だけで責任を負えばよい
2. 内部自治原則 出資額の多寡に関係なく、利益配分や権限などを自由に決定できる
3. 構成員課税 LLPは非課税で、利益配分があった分がその出資者に直接課税される