Jカーブ効果

Jカーブ効果(J-curve effect)とは、為替レートの上昇で、本来であれば輸出品価格の上昇と輸入品価格の下落を通じて自国の経常収支の黒字幅を縮小させる方向に作用するところが、実際には自国通貨の上昇が短期的に貿易黒字を一段と拡大し、その後黒字幅が徐々に縮小に向かうという現象。
黒字額の変化を図示したときの形がアルファベットのJに似ていることが名前の由来である。これは、為替レート変化の影響が輸出入品の価格面にまず現れ、数量面の調整はタイムラグがあり遅れて行われることによるものと考えられている。