IRA

相続されるIRAとは、本人の死亡時点で別の受取人に引き継がれる個人退職勘定のことである。

配偶者を個人退職勘定受取人に指定した場合には、所有者の死亡時点で、配偶者がIRAを相続し、所有権が配偶者のものとなる。

配偶者以外の者を受取人に指定した場合には、その受取人はIRAから生じる所得に対する権利を相続するが、IRAは引き続き元の所有者名義で登録されているので、IRA自体を相続するわけではない。