IPO(Initial Public Offering)とは

IPO(Initial Public Offering)とは、新規株式公開のこと。日本の場合は東証、大証などの証券取引所上場することで株式を公開することができる。少数の株主によって所有されていた会社の株式を、不特定多数の者に売り出すことで、より多くの投資家からの資金調達を行うことができるようにすると同時に、会社の知名度や信用度を高めることに繋がる。

来上場の会社が新規に取引所に上場するときには、以前からの株主が保有している既存株式を市場に放出する「売出」と、新たに株券を発行して市場から新規に資金を調達する「公募」の両方を行うことが多い。

この公募増資または売出し時の価格を公開価格という。公開価格は、通常ブックビルディング方式で決定される。引受証券会社が、公開会社の事業内容、経営成績および財務状況等を総合的に判断して事前に仮条件を決定し、それを投資家に提示して需要状況を調査し、おおよその需要額を把握する。その上で、発行または売出し予定額と需要額を対比して、公開価格を最終的に決定する方式である。この方式は、国際的に整合性があり、市場機能を活用した適正な価格形成が期待できる条件決定方法であると評価されている。希望者が多数の場合は抽選によって販売先が決定される。

IPOは企業にとって、市場から長期安定資金の調達を可能にし、財務体質の強化を図ることができること、知名度が向上して社会的信用度が高まること、有用な人材の確保が容易となり従業員のモラールが高揚することなどのメリットをもたらすが、他方では、M&Aや投機取引の対象となる可能性が生じることや、企業内容の開示などディスクロージャーの負担が生じること、株式事務の増大によってコスト増を招くことなどのデメリットも存在している。