IMF体制とは

IMF体制とは、1944年のブレトンウッズ協定を基本とした国際通貨体制のこと。具体的には、IMF協定の加盟国が割当額にもとづく出資義務と、自国通貨に対して金または米ドルの金価値で表示した平価(IMF平価)を定める自国通貨為替相場を一定範囲に維持する義務を負うというものであった。

1973年までの固定相場制の土台となった体制である。

1971年8月に米国のニクソン大統領が、IMF協定に反してドルの金による価値保証を一方的に停止した(ニクソンショック)。さらに1973年2~3月に主要国通貨変動相場制度に移行したためにブレトンウッズ体制は崩壊した。