IMF (国際通貨基金)とは

IMF (International Monetary Fund:国際通貨基金)とは、為替相場の安定促進、国際金融協力、資金融資による加盟国の国際収支不均衡の是正などを目的に1946年に世界銀行とともに設立された国連の専門機関である。

米国のワシントンに本部を置く。日本は1952年8月に51番目の加盟国として加盟した。

IMFは加盟国に対し構造改革および為替相場制度を中心に調査を実施している。加えて、国際収支困難や金融危機等に陥った加盟国へ一定の条件を付したうえで支援融資を行う。加盟国の中には、IMF融資の前提となる経済調整措置の策定と実施に際して必要とされる知識・経験を欠く国があるため、そうした国々へ、金融・財政政策などの分野の人材育成を行うための技術支援を行っている。

また近年は、健全な金融システムを保つために「国際基準」を遵守するために必要とされる支援も行う。