GLB法

GLB法(Gramm Leach Bliley Act:グラム=リーチ=ブラリー法)とは同名の米国の3議員が共同で提出した米金融制度改革法。1999年11月に議会を通過、成立した。

1.銀行と証券の兼業を禁じた1933年米銀行法(グラス=スティーガル法)などの規定を廃止した

2.新たに「金融持株会社」の設立を認めた。同持株会社は銀行業務のほか、証券・保険引受と同代理店業、マーチャントバンク業、保険会社のポートフォリオ投資業などに従事できる

以上の2点を規定した。これにより銀行、証券、保険の相互参入を通じた大幅な金融再編に道が開いた。