FXの歴史

1973年日本は固定相場制から変動相場制に移行したが、1980年外国為替及び外国貿易管理法(改正外為法)施行では、為替取引を個人投資家が行う事は禁止されていた。

1998年4月に外国為替及び外国貿易法が改正され、個人でも外貨の取引を行う事が可能となった。インターネットの普及や、取引単位の小口化により、外国為替取引が急速に普及した。

金融商品としての小口担保資金(証拠金・保証金)による取引が、FX(外国為替証拠金取引)となった。