EVA経営とは

EVA経営(Economic Value Added)とは、米国のコンサルティング会社のスターン・スチュワート社が開発した企業価値を評価するための指標のこと。

ある一定期間において企業が生み出した経済的な付加価値を表す指標で、具体的には税引後営業利益(NOPAT)から株主に対する株主資本コストを含んだ資本コストを差し引いた余剰利益を表すものとなる。

EVAがプラスであれば株主が期待した以上の価値力鎗J造されたことになり、またマイナスであれば株主価値が破壊されたことを意味する。

各時点におけるEVAの現在価値を合計したものに投下資本を加えたものは企業全体に対するフリーキャッシュフローの現在価値の和に等しくなり、これを発行済み株式総数で除して理論株価を求めることができる。EVAは従来の業績評価指標としての売上高や経常利益等と異なる概念であり、具体的な経営への適用に際しては経営者や従業員1人1人に価値創造の意識を徹底させる必要があるので、たとえばEVAの改善度を報酬の一部にリンクさせるといった工夫が必要とされる。