ETFとは

ETF(Exchange Traded Fund)とは、株価指数連動型投資信託受益証券のこと。

証券取引所に上場されて、特定の株価指数の値動きに連動することを目的に運用される投資信託である。

2001年に株式市場の活性化対策として、まず日経平均株価指数とTOPIX(東証株価指数)に連動するものから導入された。それぞれの指数をそのまま円表示したものを1口として、TOPIX連動型が100口から、日経平均株価指数連動型が10口から売買可能である。

想定元本が大口単位でしか取引できない日経平均株価指数の先物取引よりもはるかに少額の取引ができる。市場価格として変動している指数を買いたいという個人のニーズにこたえる商品である。また、上場株式と同じように、取引時間中に指値や成行注文によるリアルタイムでの取引ができ、信用取引もできる。現在はほかの指数、たとえば東証銀行業株価指数に連動するものなど、種類も増えている。