ESCB(欧州中央銀行システム)とは

ESCB(欧州中央銀行システム)とは、ECB(European System of Central Banks:欧州中央銀行)とEU各国の中央銀行によって構成されるシステムのこと。

ユーロ圏加盟国の中央銀行とECBとの連携関係を特にユーロシステムとよぶ。ユーロシステムを通じてユーロ圏内の金融政策が実行に移されている。金利変更など、ユーロ圏としての金融政策に関する決定もECBの政策委員会が行う。また、ユーロ圏としての為替政策の実施、外貨準備の管理、域内決済の監視・円滑化なども、ESCBの管轄事項である。

ECBの金利操作は、各種の経済指標を観察しながらの総合判断で行われるが、特に重要な目安とされるのが、マネーサプライ(M3)の伸びを4.5%までに制限するという通貨供給量ガイドラインと、域内平均消費者物価の前年比上昇率を2%程度にとどめるというインフレ目標である。