EMS(Europcan Monetary System)とは

EMS(Europcan Monetary System:欧州通貨制度)とは、欧州通貨統合をめざして創設されたEC(欧州共同体、現・EU)の通貨制度。ERMとも呼ばれる。

1979年に発足した。EMS参加各国間でそれぞれ2国間中心レートを設定、為替関係の変動を年±2.25%以内に抑えることを原則として、ユーロ導入までの移行期間的システムで、ヨーロッパの諸通貨の安定を目的とした。なお、イギリスは1990年から1992年の期間を除いて不参加である。

この仕組みをERM(Exchange Rate Mechanism)と称し、ERMにもとづいて構成される2国間中心レートの体系をパリティ・グリッドとよんだ。変動幅を固定された2国間通貨関係のマトリックスによつて成り立つ一種の固定為替相場制度である。