EBITDAとは

EBITDA(earnings before interest, taxes, depreciation and amortization)とは、支払利子、減価償却費、税金、無形固定資産または繰延資産償却前の利益のこと。イービットダーもしくはイービットディーーと読む。

企業の真の収益力を見るときに使われる数字。資本構成、償却対象資産、無形固定資産の有無や金額の差による本業とは関係のない部分の差異を修正するために用いられる。

負債での資金調達が大きければ支払利子が増大してその分純利益が減る。株主資本比率の高い企業は支払利子が少ない分税引き前利益が多くなって、税金が増える。このため資本構成の影響を省くには、企業収益を税・利払い前の利益で見る必要がある。

固定資産比率が高く、償却負担が多い企業はそれだけ利益が圧迫される。たとえば高額ののれん代を払った企業の償却負担は多額になって利益計上を減らす。

こういった差異を減らすために使う指標がEBITDAなのである。