CSR

CSR(企業の社会的責任)とは、企業が利益の追求だけではなく、社会的な公正性や環境保護の観点から責任を果たすべきであるという経営理念のこと。

CSR 社会の責任に応じるコストとして、企業の長期的な戦略には欠かせないという考え方もできる。