CMO

CMO(Chande's Mommentum Oscillator シャンデモメンタムオシレーター)とは、テクニカル分析におけるオシレーター系指標の1つ。1994年にトゥーシャー・シャンデにより発表された。

RSIと似た特徴を持つが、買われすぎ売られすぎだけでなく、トレンドの強さを見ることができるという点で異なる。

CMOの計算方法


CMOの計算の基準はRSIと同様に終値の前日比上昇幅と下落幅であるが、計算方法に違いがある。計算式は以下の通りである。

CMO(n)=(CMO1-CMO2)/(CMO1+CMO2)×50+50

n : 指標の設定期間
CMO1 : n日間で前日比プラスだった日の値幅合計
CMO2 : n日間で前日比マイナスだった日の値幅合計

0から100の間の値をとる。
指標の設定期間による平均を行わず、かわりに定数「50」を加えることがRSIとの大きな違いである。つまり、前日比プラスだった日の値幅合計がマイナスの日の値幅合計よりも大きければCMOの値は50を上回り、その逆なら50を下回る。

CMOの見方、使い方


値が大きいと買われすぎ、小さいと売られすぎを示す。また、価格とCMOの逆行現象は売買シグナルとされる。
値が100に近いときはトレンドが強く、値が0に近いときはトレンドが弱いと判断される。