CLO、CBO

CLO(Collateralized Loan Obligation)、CBO(Collateralizcd Bond Obligation)とは、合成債務担保証券と訳される証券化の手法である。証券の裏付けとなる資産がローンや社債などその発行者にとっての債務であることからこのように表現される。

両者を総称してCDO(Collateralized Debt Obligation)というが、ABS(資産担保証券)をも組み入れたCDOが多い。

基本型は複数のローンや社債を証券化のための導管(SPV)にプールして原債権者(オリジネーター)から隔離・譲渡してキャッシュフローを組み替え信用補完などを施し、これを引当てに証券を発行する。これはキャッシュフロータイプのバランスシート型と称され、オフバランス効果をもつ。

CDOにはバランスシート型と裁定型、また、それぞれにキャッシュフロータイプ、マーケットバリュータイプ、シンセティックタイプがある。

最近はクレジットデリバティブ(CDS)の利用により企業等の信用リスクのみを集合させて組成するシンセテイックタイプが増加しつつある。

世界的にCDOの発行は大きく増加しており、日本では、東京都などが中小企業ファイナンスの一環として組成をリードした自治体CDOが注目された。民間主導の発行も増加傾向にある。