CFD取引のIFO注文

CFDで取り扱っている注文方法の中の一つにIFO注文という方法があります。IFO注文とは「If Done+One Cancels the Other order」の略を言います。ですからIFD注文とOCO注文という2つの注文方法の特徴を両方とも合わせもっていた注文方法といえるでしょう。

IFD注文とOCO注文の機能が合体しているわけですから、一回の注文によって3種類の注文を同時に実現させることができます。つまりエントリーのため、ロスカットのため、利益確定のための指値注文をすべて取り入れることができるわけです。

IFD注文とOCO注文ではまだ完ぺきな注文とは言えないところがありました。IFDの場合にはロスカットに対応できません。一方でOCOの場合にはエントリー注文に対処していないところが弱点でした。
しかしIFO注文は、この両者の弱点をお互いに補うことができます。ですから最も優れた注文方法としてCFDの世界では注目されています。

いったんIFO注文を出してしまえば、後は具体的なアクションをする必要はありません。ほかの仕事などで、CFD取引に参加をすることができない場合に、積極的に使っていくといいかもしれません。