CFD取引の特徴とメリット

最近、金融関係の雑誌などを見ていると、CFDという言葉をよく見かけます。CFDというのは日本では比較的新しく登場をした投資法のことを言います。
CFDというのは「Contract For Difference」という言葉の略を言います。日本語に訳すと差金決済取引といわれます。

差金決済をするのが特徴で、株式取引のように実際の金融商品を売買するわけではありません。現在多くの人が参加をしている投資法としてFXというものがあります。基本的な仕組みについては、FXと大きな変わりがあります。しかしCFDの特徴としてFXは通貨のみを取り扱っている一歩で、取り扱っている商品が多岐にわたることがあげられます。

株式や通貨をはじめとして、商品先物や株価、業種などの各種指数なども取引の中に含まれます。しかも株式については国内の銘柄だけでなく、海外の銘柄の取引の対象となっているのでいろいろなバリエーションで取引をすることができます。

日本ではまだまだなじみの薄いCFDかもしれませんが、欧米ではマーケットで取引されている中でも最も割合の高い商品となっています。取り扱っている商品が多いということは、それだけリスクマネジメントもしやすいところも魅力です。