CFD取引の口座開設方法

C口座を開設してみよう

CFDを実際に行うためには、証券会社などにCFDの口座を開設する必要があります。現在、CFDの知名度は日本ではまだ低いところがあります。
このため取り扱っている証券会社はほかの金融商品と比較すると、まだ少ないところがあります。ですから場合によっては複数のCFD専用の口座を持っておいてもいいかもしれません。そして自分にとってはやりやすい証券会社を実際に運用をしてみて比較してみるといいでしょう。

かつてはCFD用の口座を開設するためには、けっこう手続きに面倒なところがありました。すべての手続きを郵送で行わないといけなかったからです。ですから口座開設までに1週間程度かかってしまうことも、特に地方では多かったようです。
しかし最近では口座開設の申し込みをすべてインターネットで行うこをができます。ですから手続きにそれほど時間がかかることはありません。また日本各地から申し込みをしても、時間の長短に大きな変化はありません。

しかも口座開設のためには身分証明書の提出が必要です。しかし身分証明書もコピーして、メールに添付をして送信すればOKという感じになってきています。ですから自宅からすべての手続きを完了させることができるようになっているのです。