CFD取引ではレバレッジができる

CFDにはCFDならではの特徴があります。CFDの持っている特徴の一つとして、レバレッジがあります。
レバレッジというのは、英語で「てこ」を意味します。てこの原理というのは、少ない力でも重い大きなものを動かすことができることを表します。同様にCFDにおけるレバレッジというのは、小さな資金でも大きな取引をすることができる制度のことを言います。

レバレッジを効かせることによって、手持ち資金の数倍のお金を使っての取引をすることができます。例えば、レバレッジ3倍のコースを使うとします。すると手持ち資金が10万円であっても30万円の取引をすることができます。もし取引をうまく持っていって利益をあげることができれば、レバレッジを利かせた額の利益を手にすることができます。ですから効率的に利益をあげることができるかもしれません。

レバレッジにはいろいろな種類があります。資金そのままの1倍から100倍200倍のレバレッジもあります。

しかしあまりにレバレッジの倍率が高くなりすぎると、もし取引失敗した場合には損失が大きくなります。ですから最初のうちは、あまり高い倍率のレバレッジを効かせることはやめた方がいいかもしれません。