CFD取引での指値注文

CFD取引をする場合には、注文の種類を理解する必要があります。CFDの現場ではいろいろな種類の注文方法があります。

注文方法の中でも比較的ポピュラーな注文方法は、指値注文といわれる手法です。指値注文というのは、現在取引されているレートよりも価格の低い状態で買い注文を入れることを言います。売り注文の場合には、現在のレートよりも高くなった場合には売りに入るという注文となります。

ですから指値注文の場合、注文が約定をすれば利益をあげることができます。しかし一方で上にあげたような現在のレートよりも一定の位置にまで変動をしないと約定が成立しないところがあります。
指値注文の中には、上にあげたレートの動きと注文の仕方とは全く逆の注文方法もあります。このような注文のやり方のことを逆指値注文といいます。逆指値注文は、一見無駄のような感じもします。
例えば売り注文で現在のレートよりも下がってきたときに逆指値をしておけば、一定以上の損失を計上せずにすませることができます。計算できる素質に収めたいという場合には、逆指値注文は有効といえるでしょう。
CFDは利益を追求することに重点を追いがちですが、時として損失を低くすることも重要なのです。