CDO

CDO(しーでぃーおー)とは、資産担保証券の一種である。CDOで担保となるのは、社債やローンといった財産である。
日本におけるCDOの歴史は古く、ルーツは1970年代にまでさかのぼる。都市銀行で発行をしたのが最初とされている。この時におけるCDOは、BISを規制することを目的として発行されている。以来日本におけるCDOの発行数は増加の一途をたどっている。

CDOは一言でくくられているが、その手法は多種多様である。まずCDOは大きく分けて2つの種類に分けることができる。

ービトラージ型CDOの場合、投資家はスプレッドを得ることができるためにメリットが大きいといわれている。投資家は高利回りになることが多い担保証券とCDOシニサイトの間に生じるスプレッドを得ることができる。

もう一つのタイプのCDOは、バランスシート型である。
バランスシート型CDOは、バランスシートから貸付債権を外すことが目的で行っている場合が多い。特にバランスシート型CDOの場合、金融機関が行っている場合が多い。CDOを発行することによって、自社のバランスシートの状況を改善することを目的としているのである。
さらにこれらのタイプの中でもいくつかに細分化されているのがCDOの特徴である。