CDオンライン提携

CDオンライン提携とは、CD(現金自動支払機)などの共同利用を目的として行うオンライン提携のこと。顧客の利便向上や営業基盤の拡充などに効果がある。

同一業態内提携、異業態間提携、同一地域内提携がある。同一業態内提携として、都市銀行間のBANCS(1984年1月)、信託銀行間のSOCS(1983年4月)、地方銀行間のACS(1980年10月)、第二地銀間のSCS(1978年11月)、信用金庫間のSNCS(1980年11月)などがある。

近年、異業態間提携も進み、いずれの金融機関のCDでも現金が引き出せるようになった。