CCI

CCI(Commodity Channel Index コモディティチャネルインデックス)とはテクニカル分析のためのオシレーター系指標の1つ。1980年に米国のドナルド・M・ランバートが開発した。日本語では商品チャネル指数。季節変動等の周期性が強い相場に向いている指標といわれる。アメリカでは商品以外にも株式や為替、債券の分析にも広く使われている。

分析する銘柄ごとに、その相場のサイクルを設定して計算に含めるというところに特徴がある。つまり、商品(もしくは株、債券など)の値動きには一定のサイクルがあるという考え方が前提となっている。設定期間の設定のために、過去のデータなどからその銘柄で見られる価格変動サイクルの期間を把握する必要がある。

CCIの計算方法は、まず、1日ごとの高値、安値、終値の平均値を算出し、この値を「基準値」とする。さらに、この基準値のX日間単純移動平均を算出し、1日ごとの基準値と移動平均の値の差のX日間平均(平均偏差)を求める。以上の3つを算出して以下の式に代入する。

 CCI=(基準値-基準値の移動平均値) / 0.015×平均偏差(X日間)

 Xは任意の日数
(開発者のランバートは、把握しているサイクルの三分の1の期間を、設定期間とすることを推奨している)
直近の価格水準が設定期間中の変動幅の中でどのあたりの位置にあるかを推測するために使われる。モメンタムと同様に、ゼロラインの交差でトレンドの転換とする。

100%を超えた時点で買い。その後、100%に戻った時点で売り。
-100%を超えた時点で売り。その後、-100%に戻った時点で買い。
また、オシレーター指標として、100%以上を買われ過ぎ、-100%以下を売られ過ぎと見ることもある。