CBT

CBT(Chicago Board of Trade: シカゴ商品取引所)とは、世界最大の商品取引所。1848年に穀物売買を行う中央市場として設立された。

CBTは、商品の品質検査を行い、穀物の格付け手続を行う手法を開発したほか、1865年には、最初に先渡し取引を導入して先物市場となった。上場商品には、穀物、米国財務省長期証券、米国財務省中期証券、CD(譲渡性預金)、日本国債先物、貴金属、などがある。

世界の穀物先物取引の80%が同取引所で実施されるといわれる。1975年10月、GNMA債(政府住宅抵当証券)の先物取引を開始してから金融先物商品やオプション取引に力を入れている。