CAPM

CAPM(Capital Pricing Model)とは、完全競争市場において、ある投資で期待されるリスクプレミアムは、その投資のベータ値(投資の収益率証券市場全体の価格変動によつてどれだけ影響されるかを示す弾性値)に直接に比例するとしている理論。資本資産評価モデルと訳される。

1960年代にシャープ、リントナーらによって提唱された。企業金融に関する実証分析によく用いられる。