CAMEL

CAMEL(キャメル)とは、米国の連邦銀行監督機関の銀行の経営内容に関する評価方法である。内容は、Capital(資本の充実度)、Assets(資産)、Management(経営者、組織、事務管理体制)、Earnings(収益力)、Liquidity(流動性)の5項目であり、これらの頭文字をとってCAMEL(キャメル)とよばれる。

それぞれの項目においては、1から5までの5段階評価となっており、1が健全、5が不良である。なお、総合評価としては、個々の評価に総合点を加点する方式をとっている。