CAC40指数

CAC40指数とは、ユーロネクストパリといわれているパリの取引所で取り扱われている上場銘柄のうちの代表的な40銘柄のことを総称した名称である。CAC40指数の対象となる銘柄であるが、出来高が起きいもしくは時価総額の規模が大きいといった特定の業種を代表する銘柄が中心となっているのが特徴だ。

ちなみにCAC40指数のCACであるが「Compagnie des Agents de Change」という言葉の略称である。これは、パリの旧証券取引所において公認されていて仲介業による組合の名称の略称が由来とされている。

CAC40指数は1987年12月31日時点における株価の平均値を基準として、上下動をしている。この時の株価の数値をCAC40指数で1000と定めている。
CAC40指数はフランスにおける日経225のような役割を担っており、フランスの経済状況を知るための重要な指標となる。またフランスはイギリスやドイツと並び、ヨーロッパの主要な国の一つである。そこでヨーロッパマーケットという、より広範囲にわたる経済動静をチェックする際にも重要視される指標ということができる。ちなみに日本のCFDでは、株価指数も取引の対象となるが、CAC40指数の取引も可能である。