BANCS

BANCS(Bank Cash Service)とは、都市銀行が提供する共同オンラインキャッシングサービスのこと。このシステムがあることで、都市銀行のキャッシュカードをもつ顧客は、他の都市銀行や提携金融機関に設置されたATM(現金自動預入支払機)でも、自己名義の預金口座からの現金引出しや同口座の残高照会を行うことができる。

1984年1月、都市銀行間で形成された2つのCD(現金自動支払機)・ATM共同利用サービス、SICS(6行間で1980年3月開始)とTOCS(7行間で1980年4月開始)が統合してBANCSとなった。

その後、BANCSは、1990年2月に地方銀行と、同年5月に第二地銀、信託銀行と、同年7月に信用金庫、信用組合、JA(農業協同組合)、労働金庫と提携した。都市銀行をはじめとして金融機関のキャッシュカードの利用範囲が広がった。