B to B

B to B(Business to Business)とは、インターネットなどのネットワークを活用して契約、注文や決済などを行う電子商取引(eコマース)の一形態で、企業間の取引を指す。B2Bと記載することもある。

企業と消費者との取引はB to C(Business to Consumer:B2C)、また、消費者同士の取引はC to C(Consumer to Consumer:C2C)という。電子商取引の大部分が、部品や原料などの調達などのB to Bといわれている。

B to cでは、インターネットではホームページを開き、オンラインの商店(ショップ)を開き、映像や音楽などの配信、株などの金融商品の仲介、書籍などの商品の販売、航空券などの予約や手配などのサービスなど、さまざまな分野の商品、サービスが販売されている。

なお、eコマースとは関係なく、単に企業間取引や企業対消費者の取引などを指すこともある。