ABS

ABS(Asset Backed Security =セットバックドセキュリティ)とは資産担保証券のことである。企業が資金調達の手段として、保有する資産を裏付けにして発行される証券。発行する仕組みは、企業が保有する資産(債権、不動産等)を切り離して、その資産を原資として証券は発行される。資産を切り離すためには、特定の資産を特別目的会社(SPC)に譲渡する必要がある。SPCはその資産を裏付けにして証券を発行し、投資家たちに販売するABSは元の企業から切り離されているため、投資家は対象になる資産の収益力、リスクのみを考慮することになる。。
日本では1998年に証券取引法上の有価証券に認められた。セットバック証券と呼称されることも多い。