1939年信託証書法

1939年信託証書法とは、信託証書・社債についての基本的な様式を規制するために1939年アメリカで制定された法律のこと。

社債保有者の権利と発行者側の義務を詳細に定めたものであり、一般投資家保護を目的としている。抵当債券・無担保債券・借入金証券なども同法の適用を受ける。