1934年証券取引所法

1934年証券取引所法は、1920年代から30年代初めにアメリカの証券市場で頻発した不正な証券取引の是正を図るため、1934年6月にアメリカで制定された。

大恐慌は投資家マインドを著しく冷却させたが、これは株価の暴落によるものだけではなく、取引制度や価格形成に公正を欠くケースが多かったこと原因でもある。1933年証券法は発行市場の規制を目的としているのに対し、1934年証券取引所法は流通市場の規制を目的に証券の登録、取引、およびそれに関する情報を一般投資家に公開することを求めている。