MM理論とは

MM理論とは1958年にモジリアーニとミラーによって発表された企業金融の理論。
2つの命題からなる。

第1命題は、情報、取引コスト、税制、流動性などの制約が存在しない完全資本市場においては、企業の市場価値は資本構成とは独立であって、当該企業の期待収益をその企業が属するリスククラスに特有の割引率で計算することで決定されるというもの。

第2命題は、ある企業の自己資本コストは、平均資本コスト(自己資本コストと負債コストの加重平均)にその平均資本コストと負債コストの差に負債を自己資本で除した比率を乗じたものに等しいというもの。

負債・自己資本比率が上昇していくと、企業の倒産リスクが生じるため、負債利子率は上昇しやすくなり、自己資本コストの増大のペースは負債・自己資本比率が上昇するにつれてゆるやかになる傾向がある。