黒字主体

黒字主体(surplus unit)とは、一定期間内の財・サービスに対する経常収入が経常支出を上回る経済主体を指し、資金余剰主体、貯蓄(超過)主体ともいう。

黒字主体は、将来の購買力確保のために現在の購買力をできるだけ高い収益を生む形で運用しようとする。満足できる利回りを約束する赤字主体が存在すれば資金を貸し付ける。
また、銀行などの金融機関が黒字主体と赤字主体の資金取引の仲介を行っている。家計部門が黒字主体の典型である。