黄金率とは

黄金率とはAB線上に点Cをとり、AC:CB=CB:BAの比をとる場合にこの分割を黄金分割といい、比率を黄金率という。

この比率は1.618となるが、 これは、一般に安定的な比率といわれており、美術や建築分野などに応用されている。株式市場では、 この比率が株価の動きと連動するものとして使用されている。

また、フィポナッチ数列における第n項と第n+1項の比率に等しい。